足にできる水虫 -水虫の治療@完全ガイド-


足にできる水虫



   足にできる水虫のうち、最も多いのが「指間型」です。
   これは足の指の間の部分にできる水虫で、入浴時もよく洗うの
   が難しい箇所であると言えます。とくに小指と薬指の間はくっ
   つきやすいために発症しやすいので注意が必要です。
   このタイプの水虫は、皮膚が真っ白になって湿り気を増し、
   ふやけてきます。そして段々と白い部分が広がっていきます。
   ある程度ふやけたら今度は乾燥して固く固まり、ひび割れて
   くるかもしれません。古くなった表面の角質がはがれると、
   またふやけた状態に戻り、これを繰り返していきます。

   「小水疱型」と呼ばれる水虫もあります。これは足の側面や
   土踏まずの部分に発症し、赤い水疱ができるのが特徴です。
   指間型よりも強い痒みを伴うのも大きな特徴のひとつです。
   一見するとかぶれやあせものように見えることもあります。
   白くなるわけではありませんが、これも水虫の一種ですので
   注意しましょう。

   水虫とは気づきにくい厄介なタイプが「角化型」です。
   これはかゆみを感じないことがあり、文字通り足の皮膚が固くな
   ってガザガザしてくるのが特徴です。ただの乾燥肌だと思って
   保湿クリームを塗ると、白癬菌に余計な栄養を与えてしまうこと
   になりますから注意すべきだと言えます。皮がボロボロと剥げる
   だけですが、この水虫が家族に移ると別の症状を発症することも
   あります。水虫かどうか判断がつきにくいタイプですが、疑わしい
   場合は皮膚科で診てもらいましょう。

当サイト人気コンテンツ


    ■ どんな原因があるの?
    ■ どんな種類があるの?
    ■ 皮膚科での治療
    ■ 水虫と間違えやすい病気

Copyright (C) 水虫の治療@完全ガイド All Rights Reserved.