水虫と間違えやすい病気 -水虫の治療@完全ガイド-


水虫と間違えやすい病気



   水虫になったらすぐ分かるように思われがちですが、じつは水虫
   ではない病気と間違えている人が多いようです。水虫だと思って
   市販の薬を使っているのに一向に改善されず、皮膚科を訪れる
   人がいますが、なんとそのうちの3人に1人が、水虫ではないそう
   です。他の皮膚病と間違えて水虫の薬を使うと症状を悪化させて
   しまいますから、まずは医師の診断が重要です。ここで、水虫と
   間違えやすい病気のいくつかを挙げておきましょう。

   まず水虫と一番間違えやすいのは、「掌せき膿疱症(しょうせき
   のうほうしょう)」という病気です。水虫のような水疱が発生し、
   痒みが生じます。皮膚がボロボロと崩れていくのも水虫そっくり
   です。しかし薬の種類は全然違うので気をつけましょう。
   同じような痒みが生じる病気としては「疥癬(かいせん)」という
   ダニの感染もあります。これは人間の皮膚の内側でしか生息できない
   微小なダニが住み着いた結果生じるものです。やはり痒みが生じます
   が、違う病気です。ほかにも一般にあせもとも呼ばれる
   「汗疱(かんぽう)」も水泡ができるため間違われやすいものです。

   「皮膚カンジダ症」という、水虫とは違うカビによって生じる病気
   もあります。これも水虫同様爪の中にまで入り込む可能性があり、
   爪水虫のような症状があります。さらには「脂漏性湿疹(しろうせい
   しっしん)」という、脂分の過剰分泌によって湿疹ができるものや
   アトピー性皮膚炎を水虫と間違える人もいます。
   ここで挙げたものもごく一部ですから、水虫と間違えやすい病気は
   じつにたくさんあるのです。

当サイト人気コンテンツ


    ■ どんな原因があるの?
    ■ どんな種類があるの?
    ■ 皮膚科での治療
    ■ 水虫と間違えやすい病気

Copyright (C) 水虫の治療@完全ガイド All Rights Reserved.